上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今月も忙しいかもなので
七葉の秋展はとりあえず考えないことにします~
出すかもしれないし出さないかもしれないです。

考えたところで時間が沸いてくるわけでもないですし
決めてやるとやっつけになって夏の二の舞(出した後にせっせと直す)になるので
あえて決めずに心の赴くままに趣味を楽しみます。
081103.jpg
# CelsViewの設定を見直しました。いつのまにか
# ニコ動向けの設定のクセがついていたので修正です。

大きな方向としてはブラックロックシューターのモデリングに区切りつけて
動画へと突き進みたいです。
ただBRSを触らないわけではないです。
動かすと効果的なところが発見的たら妥協せずに
ボーン追加とかしたいです。

いまの環境だとXsiとか総合ソフトに比べると動かす面では不利だけど
小回りのきく点や合成面(AEのおかげですが)では有利なので

カット数は少ないし全編通して動きは少ないけど1カットずつは
構図とかエフェクトとかに拘りたいとつもり

んで早速前からの課題であった
keynoteから連番mqoを出力させる方法をなんとか確立しました。
ちゅーかとんでもない方法ですw

まずいままでの失敗例は
VBA(sendkey)⇒ プラグインやコマンド系が外部操作できない
プラグイン ⇒ 環境立ち上げ(ビルド関連)でエラーがでてやる気うせで挫折w

そして 3つめの方法は UWSCというフリーソフトの活用
これはウインドウズの操作を記憶し再生させるソフトです。
それで操作を記憶させたスクリプトを整理し書き換えればあっさり可能になりました。

keynote起動、フレーム選択、フリーズ、ファイル保存
フリーズ前にアンドゥ等を自動でやってくれます。

すげぇ!

そんなのwarabiで出せばいいじゃんとか言われそうですけど
warabiに無くてCelsViewだけにある機能も使っていますし、
H/Wレンダで設定が即反映できるしぐりぐり見れるのが好きなので
CelsViewに拘ります。

これで一応、モーションからレンダへのワークフローで
mikotoから変えてできなかったところが解消されたのは大きな点ですね。

あくまで"とんでもない方法"ですので
万人向けではないですねぇ
スポンサーサイト

2008.11.03 Mon l ブラックロックシュータ l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

No title
>keynoteから連番mqoを出力させる方法をなんとか確立しました。
相変わらず無理を通して道理を蹴っ飛ばしてますねw
2008.11.04 Tue l Lat. URL l 編集
No title
ぐすん
それじゃあ私は無法者の見たいですよ
って思い当たるトコロありりまくりですねぇw
しかも最初から今に至るまで無茶ばっかり

とにかく自分でやりたいことができれば
セオリーは二の次だし、どんな方法でもOK的
なやつですから。

2008.11.04 Tue l piron. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://piron3d.blog33.fc2.com/tb.php/35-77f41fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。